公営ギャンブルと稼ぐのにおすすめなオンラインカジノ

日本国内の代表的なギャンブルと言えば競馬、競艇、競輪、オートレースなどの公営ギャンブルですが、最近はオンラインカジノも人気を集め、より簡単に稼ぐことができると評判です。
公営ギャンブルでは常に八百長が疑われるだけでなく勝ちにくいこともあり、オンラインカジノに興味がある方が増えているのです。

オンラインカジノはイカサマや不正行為がないだけでなく、初心者でも公平な立場でギャンブルに挑戦できるというメリットがあります。
なぜオンラインカジノは、多くのプレイヤーから信頼を集めているのでしょうか?

ここでは、イカサマや八百長が疑われる公営ギャンブルと稼ぐのにおすすめオンラインカジノに関して解説していくので、ぜひ参考にしてください。
これを読めば、オンラインカジノの様々なメリットが理解できるはずです。

常に八百長が疑われる公営ギャンブル

常に八百長が疑われる公営ギャンブル

公営ギャンブルで長く遊んでいると、八百長を疑ってしまうような場面に出くわすこともよくあります。
過去に何度も八百長が発覚し逮捕者まで出ているのは事実なので、不信感が募り純粋にギャンブルを楽しめないという方も中にはいるのではないでしょうか?

運営側がいくら不正行為の排除を約束したとしても、公営ギャンブルにはあまりに多い人々が関与しており、本当に監視の目が行き届くのか疑問も残ります。
もしかしたら表面化していないだけで、実はもっと多くの八百長が仕組まれている可能性だって否定できません。

ギャンブルにおいて八百長のような不正行為は最も致命的は不祥事で、一度起こしてしまうと信頼回復はなかなか難しいものがあります。
一方、オンラインカジノは非常にシンプルな組織で運営されており、不正行為ができない仕組みが確立しているので、イカサマを気にすることなくギャンブルに集中できるのです。

不正行為を排除するライセンスの役割

オンラインカジノはネット上で勝手に運営しているわけではなく、合法国の然るべき機関からライセンスを取得し認可を受ける必要があります。

このライセンスは誰でも取得できるものではなく、ギャンブルに関わるものですから当然厳しい審査があり、申請企業の実績や信頼性も調べられるのはもちろんのこと、莫大な資金も必要です。
ライセンスを取得したとしても規約を守っているか常に監視され、もし不正行為が発覚するとライセンスは没収されてしまい、それまでの企業努力はすべて無駄になってしまいます。

もちろんライセンスは二度と申請できず、オンラインカジノも運営できなくなってしまうのです。
このようにオンラインカジノの運営にとってイカサマというのは、割に合わないリスクでしかないので、わざわざ不正行為をする意味がないのです。

ゲームは外部のソフトウェア会社が開発

ゲームは外部のソフトウェア会社が開発

「最初からイカサマが仕組まれたゲームを開発すればいいのでは?」と考える方も多いと思いますが、これも対策済で実現は無理なのです。

ライセンスを所持する合法のオンラインカジノは、運営が独自にゲームを開発することは禁じられており、外部のソフトウェア会社が開発したものを導入する必要があります。
これは不正対策の一部であり、合法のオンラインカジノはどこも同じように外部のソフトウェア会社からゲームを導入しています。

このソフトウェア会社もゲームの開発にはライセンスが必要で、第三者機関による監視を受けながらゲームを開発しており、イカサマのためのプログラムを仕込んだりすることは不可能なのです。
また、ほとんどのゲームは乱数発生器が実装されており、完全にランダムでゲーム結果を抽選する仕組みなので、人為的な介入ができない仕組みとなっています。

ペイアウト率を公開し透明性を確保

オンラインカジノのペイアウト率は95~99%で、競馬などの公営ギャンブルと比べ非常に高いことで知られていますが、これが本当の数値なのか疑問に感じる方もいるかもしれません。

オンラインカジノの中には、このペイアウト率を毎月公表しているところもあり、信頼性の向上に一役買っています。
このペイアウト率の数値もオンラインカジノの運営ではなく、第三者機関が調べたものとなっており信頼できる情報なのです。

一方、公営ギャンブルはペイアウト率の公表はしていませんが70%前後と推測され、オンラインカジノと比べかなり低く勝ちにくいことがよく分かります。
もしオンラインカジノがイカサマをしているのであれば、わざわざペイアウト率など公表しないでしょう。

まとめ

まとめ

イカサマや八百長が疑われる公営ギャンブルと稼ぐのにおすすめオンラインカジノについて解説してきましたが、参考になったでしょうか?
公営ギャンブルでは八百長を疑ってしまうような場面がよくあるだけでなく、過去には実際に八百長が確認された例もあります。

オンラインカジノの場合は、合法国が発行したライセンスを取得して運営されており、不正行為があれば、ライセンスを剥奪されるという大きなリスクがあるのです。
また不正防止の観点からゲームは外部のソフトウェア会社が開発し、運営がプログラムなどを弄れない仕組みとなっています。

このようにオンラインカジノは不正をする余地がないため、不信を感じることなくギャンブルを存分に楽しむことができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です