モンテカルロ法で大金を使う場面

手法がそこまで難しくないので、あまり多くの金額を用意しなくても良いのがモンテカルロ法です。ただ、当たらない回数が増えてしまえば、どこかで大金を使うような状況になってしまうでしょう。配当を高くしたいと思っている人や、当たらなくてどんどん数字が増えている場合には、少し多くの金額を使ってしまう可能性もあります。

モンテカルロ法ではイレギュラーな状況もありえる

モンテカルロ法は、数字の123からスタートして、両端にある数字を足していくことで賭金が決定されます。最初のうちは4ドルという簡単な数字ですが、どんどん数字が伸びていくようになると、次々と賭金が増えていくことになります。終盤では、10ドル以上は普通に使ってしまうので、結構多くのお金を利用しているような雰囲気を持ちやすいです。
早く終わってくれるようなら、モンテカルロ法のリスクも結構軽減されている形になりますので、無理をしなくても問題ありません。逆に遅くなってしまったり、外れる回数が多くなっているようなら、モンテカルロ法でも結構お金を使う用になります。
大金を使うとなれば、100ドル位を想定することも多くなります。ただ、100ドルという数字はモンテカルロ法ではあまり利用しません。50ドルもあれば続けられる可能性を持っていますので、リスクが大きくない方法で、利益を増やせる可能性があると思ってください。

配当を増やす選択肢はモンテカルロ法で禁物

大金を使ってしまう場面の1つが、配当を増やしたいので数字を変えてしまう方法です。123という数字からスタートしたいのですが、配当を10倍にするために全て10の倍数に変えてしまう方法もあります。102030のように、数字をかなり増やしてしまうと、それだけ配当を増やせる可能性がある反面、どんどん大金を使ってしまいます。
オンラインカジノでは、限界が用意されていることを考えると、あまり大きな配当を作るために金額を増やさないことが望ましいです。モンテカルロ法は、低リスクで結構良い金額を得られる方法として使われているので、倍率を高くしないことも望ましいです。
配当を増やすような選択肢よりも、続けていることで勝負できる環境が重要になっています。配当を増やせる可能性は、モンテカルロ法を続けていれば徐々に出てくることです。無理をしないことが何よりも大事と判断して、かなり高い倍率でスタートさせないように気をつけておきましょう。