ネッテラーの代替サービス「エコペイズ」の注意点

少し前まではオンラインカジノの入出金手段として、ネッテラーというオンライン決済サービスが人気を集めていましたが、日本市場から撤退してしまい日本国内では使えなくなってしまいました。
そして、ネッテラーの代替え手段として注目を集めているのがエコペイズです。

エコペイズもネッテラーと同じくオンライン決済サービスで、イギリスを拠点とする企業が運営しており、日本だけでなく世界中で普及しているという実績があります。
海外発のオンライン決済サービスですが、日本市場を重要視しており、公式サイトやアプリも日本語で使うことができるので初心者も安心です。

また大手オンラインカジノのほとんどがエコペイズに対応しているので、複数のオンラインカジノを利用しているユーザーにとっては、まとめて資金管理ができるというメリットがあります。
しかしその一方で、エコペイズにもデメリットがあり、利用する際にはこれを把握しておくことも重要です。

今回は、ネッテラーの代替サービス「エコペイズ」のデメリットと注意点を解説していくので、ぜひ参考にしてください。

長期放置で口座維持手数料が発生

長期放置で口座維持手数料が発生

エコペイズには口座維持のような費用は不要ですが、長期間に渡ってログインしないなどアカウントを放置すると口座維持手数料が発生します。

口座維持手数料が発生するのは、アカウントをまったくログインしない状態で12カ月以上放置したときで、13ヵ月目から1.5ユーロがエコペイズの口座残高が自動的に引き落とされてしまいます。
この口座維持手数料の発生を防止するには、定期的にログインすることが必要です。

またログインしなくても、エコペイズの口座残高を0にしておけば、口座維持手数料が発生しても自動的に引き落とされることを防止できます。
長期放置のリセットには入金は不要で、とにかくログインするだけでOKです。

もし長期間エコペイズのアカウントを使用しないのであれば、残高を0にしておくほか、管理が面倒ならアカウントを閉鎖してしまいましょう。

出金には会員レベルのアップグレードが必要

オンラインカジノの入金と出金を一元化できることがメリットのエコペイズですが、実はアカウントの開設直後は出金に対応していません。
エコペイズには、「クラシック」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」「VIP」の5つの会員レベルがあり、初期状態のクラシックは出金にしか対応していないのです。

出金できないということは、勝利金を現金化できないということであり、これではオンラインカジノで遊ぶ意味がなくなってしまいます。
ほかにもクラシックには、通貨の換算が割高となっているなどデメリットがあり、エコペイズをお得に使うには会員レベルのアップグレードが必須となっています。

会員レベルのアップグレードは、メールアドレスの認証、セキュリティの質問設定、本人確認書類と住所証明書類の提示と、簡単な条件となっているので、エコペイズのアカウントを開設したらすぐに済ませておくのが理想です。
このようにオンラインカジノでエコペイズの利便性を発揮するには、会員レベルをシルバーにアップグレードする必要があります。

ATMを使って直接現金を引き出せない

ATMを使って直接現金を引き出せない

オンラインカジノの資金管理で多くのメリットがあるエコペイズですが、直接ATMを使って出金できないという不便な側面もあります。
以前はエコペイズ専用のエコカードというものがあり、自由にATMから残高を現金化できましたが、しばらく前に日本では使えなくなってしまいました。

今でもエコカード自体は存在しますが、利用はユーロ圏内に限定されており、以前よりも利便性は低下してしまいました。
このようにATMから直接出金することは出来なくなりましたが、ユーザーの銀行口座に出金することで、間接的に現金化することは可能です。

どうしてもATMから直接出金したい場合は、スティックペイというオンライン決済サービスで実現可能ですが、スティックペイに対応するオンラインカジノは限られており、エコペイズよりも大幅に利便性で劣ります。
このようにメリットとデメリットを考慮した上で、エコペイズは最善の選択であるということが分かります。

クレジットカードで入金が出来ない

エコペイズには多様な入金方法が用意されていますが、唯一クレジットカードには対応していません。
これはエコペイズの都合ではなく、クレジットカード会社がギャンブル関連へのクレジットカードの利用を禁止したことが原因です。

クレジットカードが使えない今、最も便利なのは銀行振込を使った入金です。
日常的に使っている銀行口座から入金可能なので、迷うことなくお手軽に利用できます。
ほかにもエコペイズは、仮想通貨を使った入金にも対応していて、各種手数料が掛からないというメリットも大きく、すでに仮想通貨のウォレットを持っている方にはおすすめです。

まとめ

まとめ

ネッテラーの代替サービス「エコペイズ」のデメリットと注意点を解説してきましたが、参考になりましたか?
エコペイズを利用する上で把握すべきデメリットは、「長期放置で口座維持手数料が発生」「出金には会員レベルのアップグレードが必要」「ATMを使って直接現金を引き出せない」「クレジットカードで入金が出来ない」の4点となります。

しかしこれらのデメリットを考慮しても、エコペイズはほかのオンライン決済サービスと比べ様々なメリットがあります。
もしネッテラーの代替サービスを探しているなら、ぜひエコペイズを検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です